取手市 Y邸新築    マルサ企業-MRS建築研究所


 仕様は目に見えない部分の材料にもこだわった住宅です

 
建物仕様 


1階:68.94u 2階:44.72u 延床:113.66u(34.38坪)  ルーフバルコニー:11.80u(3.57坪)
建物総工事費(カーテン除く全て) 約2,000万(58万/坪) + 一部外構工事

 建築中

南側全体像 基礎養生中 基礎出来上り 南東側全体像
小屋組み 2階梁組み 屋根瓦下地 2階梁組み

 埋蔵物発掘のため建物全体にわたり、1.2m程掘削されたため二重スラブのべた基礎(ビル用の基礎)としています。
 梁に段差を設けて組んでいく工法です。小屋梁に強度のあるタイコ梁を使っています。
 瓦の下に雨が入っても水が流れるようにタル木の上にたて桟をながしています。
 筋違い部分の取付には、金物を使用せず土台・梁等を彫りこみケヤキ材によるこみ栓工法を採用しています。



 仕上り 
          
リビング入口、階段下物入 キッチンカウンター及び開口 システムキッチンI型2700 カップボード
1階和室床の間 暖房乾燥機付ユニットバス バリアフリー仕様階段 2階カウンター洗面台
2階和室 2階洋室 ウォークインクローゼット 玄関ポーチ天然石張り

 1階部分の床材は、トイレ・洗面室・廊下・リビング全てWOODONEの高級厚張りフローリングを使用しています。
  1階和室の床柱は北山杉の絞り丸太を使用。柱その他造作材は無垢のヒバ材を使用。天井は竿縁天井です。
  1階廻りの建具はすべて、WOODONEのムクのドアを使用。クロスはすべて、AA級を使用。
  玄関床は200角タイル、ポーチは天然鉄平石を使用。
  外壁は旭化成パワーボードのため夏涼しく冬暖かな省エネエコ住宅です。
  地震時に揺れを吸収しやすいように筋違いをバランスよく配置しています。(通常の1.5倍以上の配置)