取手市 K邸新築    マルサ企業-MRS建築研究所

  建物仕様 


 梁に段差を設けて組んでいく工法です。(現在の工法はプレカットを採用するため梁はフラットになります)
 瓦の下に雨が入っても水が流れるようにタル木の上にたて桟をながしています。
 筋違い部分の取付には、金物を使用していますが、土台・梁等を彫りこんでいるため通常より頑丈です。

1階:59.62u 2階:50.51u 延床:110.13u(33.31坪)  ルーフバルコニー:15.93u(4.82坪)
建物総工事費(カーテン、エアコン除く全て) 約1,830万(55万/坪)
 
  クロスは全てA級品を使用。玄関廻りは150角タイル使用。
  2階洋室12帖は、子供の成長にあわせて6帖2室に間仕切りできるようにしています。
  1階の和室の壁はサンドジュラク壁、天井は秋田杉の板を使用した吹寄せ竿縁イナゴ天井です。
  地震時に揺れを吸収しやすいように筋違いをバランスよく配置しています。(通常の1.5倍以上の配置)


 取手市 H邸新築    マルサ企業-MRS建築研究所
 
 
  建物仕様 
 
 梁に段差を設けて組んでいく工法です。

 瓦の下に雨が入っても水が流れるようにタル木の上にたて桟をながしています。
 筋違い部分の取付には、金物を使用していますが、土台・梁等を彫りこんでいるため通常より頑丈です。

          
1階:71.35u 2階:63.07u 延床:134.42u(40.66坪)  ルーフバルコニー:9.52u(2.88坪)
建物総工事費(カーテン、エアコン除く全て) 約1,900万(47万/坪) + 外構・建物解体工事

 1階廻りのクロスはA級品を使用。玄関廻りは100角タイルを使用。
  1階の和室の壁はサンドジュラク壁、天井は竿縁天井です。床柱は黒檀。
  敷地が狭いためビルトイン駐車にしています。
  地震時に揺れを吸収しやすいように筋違いをバランスよく配置しています。(通常の1.5倍以上の配置)


 利根町 I邸新築    マルサ企業-MRS建築研究所

  建物仕様 


 梁に段差を設けて組んでいく工法です。(現在の工法はプレカットを採用するため梁はフラットになります)
 瓦の下に雨が入っても水が流れるようにタル木の上にたて桟をながしています。
 筋違い部分の取付には、金物を使用していますが、土台・梁等を彫りこんでいるため通常より頑丈です。

1階:101.30u 2階:72.87u 延床:174.17u(52.68坪)  ルーフバルコニー:29.87u(9.03坪)
建物総工事費(カーテン、エアコン除く全て) 約2,900万(55万/坪) + 外構・建物解体工事

  1階廻りのクロスはA級品を使用。玄関廻りは200角タイルを使用。
  和室の壁はサンドジュラク壁(和室7帖はクロス)、1階6帖天井は吹寄竿縁天井です。床柱は黒檀。
  駐車場は2台分のビルトイン駐車です。
  地震時に揺れを吸収しやすいように筋違いをバランスよく配置しています。(通常の1.5倍以上の配置)