龍ヶ崎市 G邸新築    マルサ企業-MRS建築研究所


  建物仕様 


 柱・梁のゆがみ(水平・垂直)を精度よくするため1階部分建方、2階部分建方に分けて工事をしました。
 梁に段差を設けて組んでいく工法です。(現在の工法はプレカットを採用するため梁はフラットになります)
 瓦の下に雨が入っても水が流れるようにタル木の上にたて桟をながしています。
 筋違い部分の取付には、金物を使用していますが、土台・梁等を彫りこんでいるため通常より頑丈です。



1階:59.62u 2階:50.51u 延床:110.13u(33.31坪)  ルーフバルコニー:15.93u(4.82坪)
建物総工事費(カーテン、エアコン除く全て) 約1,530万(46万/坪) + 外構工事



 仕上り 
          
大型ルーフバルコニー 入口部分 アプローチ天然石乱張り 4尺巾廊下
バリアフリー仕様階段 リビング入口親子ドア リビング続きの和室 リビングからのキッチン
ユニットバス(暖房乾燥機付) ユニット化粧台(W900) バリアフリー仕様トイレ 洋室からのルーフバルコニー

 車いすも楽に通れ、介護スペースを設けた完全バリアフリー仕様および4寸柱を使用した高耐久の住宅です。
  1階部分の床材は、トイレ・洗面室・廊下・リビング全てWOODONEの高級厚張りフローリングを使用しています。
  1階廻りの壁は高さ900の腰壁を採用。クロスは一般品を使用。
  玄関床は200角タイル、ポーチは天然石を使用。
  地震時に揺れを吸収しやすいように筋違いをバランスよく配置しています。(通常の1.5倍以上の配置)